Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2018年4月の視覚障害者のつどい報告(春の園遊会)
2018年04月20日 (金) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(なかむら ただやす)です。

4月19日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方23名、
ご家族とガイドヘルパー15名、プラザ職員4名の合計42名でした。

まず始めに自己紹介。お名前、お住まいの区、そして今日のテーマは、
本日4月19日が飼育の日ということにちなみ、ペットの思い出や好きな動物を発表
していただきました。ウサギ、犬、猫、インコ、メジロ、ハムスター、ヤギ、小猿、金魚
などなど、さまざまでした。
中には、ウサギを飼えなくなったため親戚に預けて、久しぶりに会いに行ったら
食べられていた!というショッキングな経験も・・・。うわーーーー

続いて情報提供コーナー。
まず、あいフレンズ北九州よりイベントの報告と今後のイベント紹介が行われました。

・3月22日 今後の活動について話し合い
・4月26日 午前 6月7日のバスハイク(目的地:グリーンパーク)の相談 
       午後 6月28日予定の市の出前講座(内容:年金制度)の質問項目の
       打ち合わせ
・7月     視覚障害者用ポータブルレコーダー(プレクストーク)の説明会 
       または笑いヨガ

会場はいずれもウェルとばたです。

参加者より、日本郵便のゆうパックについての情報提供もありました。
これまでゆうパックは配達時に受け取れなかった場合、不在連絡票がポストに
入っていました。
でもそれに気がつかず再配達の依頼連絡ができなくても、
再配達をしてくれていたのですが、今後そのサービスはなくなるそうです。
そのため、希望する視覚障害者が事前に居住地域の郵便局に情報登録することで、
一般的な不在連絡票と併せて点字によるお知らせカードがポストに入るそうです。
お知らせカードには点字で問い合わせ電話番号が書かれているとのことですので、
ポストに入る他のチラシ等と区別ができます。ぜひ活用したいですね。

プラザスタッフからは以下の情報提供を行いました。

・5月10日からの点字講習会 参加者募集
・6月25日からのiPadとiPhone体験会 参加者募集
・今年度の「中途視覚障害者緊急生活訓練事業」(つどい申請)について
・新しく購入した用具の紹介(PTR3、PTN3、テレビが聞けるラジオ 等)
・5月18日 介護予防でいきいき講座「見えにくいを知ろう」参加者募集

情報の詳細について知りたい方は、プラザの視覚障害者支援グループまで
お気軽にお問い合わせください。

後半は、いよいよ有志による一芸発表会、名づけて「春の園遊会」!
2018年3月に放送された「R-1ぐらんぷり」でロービジョン(弱視)の漫談家
濱田祐太郎さんが第16代王者になったことにヒントをもらい、開催しました。

エントリーは9名で、以下の演目を披露していただきました。

1 なぞなぞ
2 カラオケ 竜鉄也の「奥飛騨慕情」
3 カラオケ ダ・カーポの「野に咲く花のように」
4 カラオケ 石原裕次郎の「ブランデーグラス」
5 朗読 北九州むかし話
6 カラオケ 北九州市歌
7 カラオケ 市川由紀乃の「心かさねて」
8 カラオケ 山内惠介の「流転の波止場」、「五木の子守唄」
9 カラオケ 中村美律子の「瞼の母」、川中美幸の「二輪草」

DSC00518s-.jpg
写真は、大トリの方が「瞼の母」を熱唱しているところです。
本当にすばらしいパフォーマンスでした。

なぞなぞあり、カラオケあり、朗読ありの素晴らしい時間を過ごすことができました。
発表者の皆様、ありがとうございました。

新しい発見が沢山の視覚障害者のつどいです。北九州市総合保健福祉センター
(アシスト21)3階で毎月実施しています。次回のつどいは5月17日(木)です。
シンガーソングライターの相川 理沙さんに贅沢なミニコンサートを行っていただく予定です。

「つどい」は見学も出来ますので、ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援
グループまでお気軽にご連絡ください。




スポンサーサイト
平成30年度 リハビリ工房 作ってみよう! 福祉用具「ソックスエイド」
2018年04月11日 (水) | 編集 |
こんにちは!福祉用具プラザ北九州のワークショップ担当の原と小田部です。
いよいよ今年度もワークショップが始まりました。
今回第一回目は、「ソックスエイド」を作りました!
皆さんとわいわい楽しく、作りました。

DSC01891.jpg

皆さん、自前のソックスエイドが完成しました。
皆さん靴下が履きやすいと喜ばれていました。
最後に集合写真を記念に撮りました。

DSC01902.jpg


次回の予告になりますが、「長柄爪やすり」となっております(*・`ω´・)ゞ
申し込みは4月27日9:00から、お電話承っておりますので、是非参加されてみてください!
お待ちしております(^∇^)ノ


2018年3月の視覚障害者のつどい報告(平成29年度の振り返り)
2018年03月26日 (月) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(なかむら ただやす)です。

3月15日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方21名、
ご家族とガイドヘルパー15名、プラザ職員4名の合計40名でした。

まず始めに当事者の自己紹介。
お名前とお住まいの区、今月のトピックとして春の暖かさを感じる時期に
なってきたことから、好きな花や花にまつわる思い出を話していただきました。
梅、桜、ひまわり、チューリップ、沈丁花等、色とりどり、様々な花の名が挙がりました。

次に情報提供コーナーです。
この「つどい」から派生した自助グループ「あいフレンズ北九州」がイベント報告と
今後の予定を紹介しました。2月22日は大宰府へバス旅行に行き、
現地の観光ガイドボランティアから大宰府天満宮にある銅像の由来を聞いたり、
名物の梅が枝餅とお抹茶を楽しんだりと とても満喫されたようです。
3月22日は「ウェルとばた」の研修室6Aで次年度の計画を考えたり、
障害者手帳についての学習会を開くとのことです。

現在「中途視覚障害者緊急生活訓練」で歩行訓練受講中の方からは、夜間の
歩行訓練を受け、改めて自分の見え方について気づいた点や訓練を受ける
ことの大切さを話していただきました。

また第56回北九州市障害者スポーツ大会の参加申込が始まり、5月13日に
サウンドテーブルテニス(STT)競技がある、との情報提供もありました。
会場は北九州市障害者スポーツセンター「アレアス」で、4月10日締め切りです。

訓練士からは、新しくプラザで購入した用具の紹介をしました。
以前も紹介した凸面点字器「トツテンくん」、スマートフォンやタブレット端末を
拡大読書器のように使う際に便利な「コロコロ号」・「ヒデボックス」です。
休憩時間に実際に触っていただき、多くの方が興味をもたれていました。

DSC00471s-.jpg
<写真はトツテンくんを紹介している様子です>

そろそろ年度末ということで、先月に続いて、次年度の
「中途視覚障害者緊急生活訓練事業」の利用申請方法についてお知らせしました。
これまでは年度が変わったら区役所の窓口での利用申請が必要でしたが、
窓口まで行くのは大変というみなさんからのご要望にお応えし、今年度から
継続参加の方は「つどい」に参加して頂くことで訓練申し込み受付を行っております。
この「つどい」申請された方にも後日個別に面接は行います。
さらに、これまでに実施してきた訓練内容についての説明もしました。
新しいことに挑戦してみませんか?

休憩後は体操をして身体をほぐしました。肩、腰、脇腹のストレッチ、太股上げ、
足の後ろ上げと横上げ、踵上げと爪先上げを行い、最後に深呼吸を行いました。

その後、今月のメインテーマ「今年度の振り返り」を行いました。
平成29年度は以下の「つどい」を実施しました。

4月 クイズ大会
5月 福祉用具プラザの作業療法士による自助具紹介
6月 参加者が司会を務める懇話会
7月 参加者による朗読と楽器演奏
8月 ADL室でのボウリング大会
9月 保健師による健康講座(血圧について等)
10月 座ってできるヨガ
11月 グループに分かれた懇話会
12月 コーラスグループ「カナリア」によるクリスマスコンサート
1月 福祉用具プラザの体操チームによる「ひまわり太極拳」体験
2月 避難訓練と防災について考える

またお出かけ編として、9月に東部障害者福祉会館で「日本の文化を楽しもう」
(抹茶と俳句)、11月にアレアスでSTT体験会、3月に西部障害者福祉会館で
IH調理体験会を行いました。

それを踏まえて、来年度にやってみたいことを参加者の皆さんにお聞きしたところ、
コーラスグループ カナリア コンサート、スポーツや体操、健康講座、朗読、
皆で歌って楽しみたい等・・・多くのご意見を頂きました。
頂いた意見を参考に、来年度も楽しい「つどい」を企画しますのでお楽しみに♪

来年度の話をここまで書きましたが、気がつけばあと数日で平成30年度・・・
そこで、4月のつどいは新企画を考えました。メインイベントは「春の園遊会」か、
はたまた「R1ぐらんぷり」か!?一芸をお持ちの「つどい」参加者に
披露していただく予定です。現在エントリーしているのは、歌、朗読、短歌の披露、
楽器演奏などなど。春らしく賑やかにまいりましょう♪

新しい発見が沢山の視覚障害者のつどいです。北九州市総合保健福祉センター
(アシスト21)3階で毎月実施しています。次回のつどいは4月19日(木)です。
また、5月17日の「つどい」では、シンガーソングライターの相川 理沙さんに
コンサートを行っていただく予定です。

「つどい」は見学も出来ますので、ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援
グループまでお気軽にご連絡ください。

「介護予防」という言葉
2018年03月19日 (月) | 編集 |
ブログをご覧の皆様、こんにちは!
地域リハビリテーション活動支援事業担当の原田です☆

皆様は「介護予防」というと、どんなことをイメージしますか?
「さあ、介護予防しましょう!」と言われたら、どんな印象を受けますか?

「介護予防」って 平たく言ってしまえば 「健康づくり」 とも言えます。

体の状態や年齢で言葉に対する受け止め方は異なってくるとは思いますが、
「予防」とは「悪い事態の起こらないように前もって防ぐこと」
というふうに ある国語辞典には記されています。
そうした「予防」という言葉の意味から、「介護予防」という言葉の「介護」は予防すべき「悪い状態」というマイナスイメージが無意識のうちにあるかもしれません。

しかし、「介護」=「悪い状態」という単純なものではないですよね。

「自分のことは自分でする」とか「介護を必要としない状態でいること」を
目標としている方は多いかもしれません。
元気で生き生きとした人生のひとつの目標ですよね。

こんな目標もどうでしょう。
「必要な介護を受けながら自分らしく生きていく」
これも元気で生き生きとした人生のひとつ。

年齢を重ねていくことは皆同じです^^。
そうした人生をどう生き抜くか........

介護を必要としない状態を目指すための「介護予防」に加えて、介護が必要になっても生き生きと暮らしていく為の「介護予防」という視点を持って、これからも健康づくりに取り組んでいきたいと思います♪
介護予防イベント報告(ひまわり太極拳・きたきゅう体操)
2018年03月16日 (金) | 編集 |
ブログをご覧の皆様、こんにちは!
今日は、先日開催された介護予防のイベントについて報告させていただきます。

平成30年3月11日(日) 北九州芸術劇場(中劇場)にて
「第2回 ひまわり太極拳・きたきゅう体操 共演会」が開催されました。
~ Let's♪♪みんなで介護予防♪♪ ~
ということで「ひまわり太極拳」や「きたきゅう体操」に取り組んでいらっしゃる14グループの発表と応援がありました。

「そこに山があるから登る。3月に共演会があるから行動する。グループのメンバーは今日この日が近づくにつれ、目の輝きが増してきました。」そのような言葉を寄せてくださったグループもありました。
1グループの発表時間は約10分。
短い時間の中に皆様の創意工夫・日頃の成果・溢れんばかりの思いとエネルギーが詰め込まれていました。

出演者を含めて総来場者数は500名超!!
大盛況のうちに終えることができました。
ご観覧の皆様、出演者の皆様、審査員の皆様、ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました!! この日のために準備を重ねてきたスタッフの皆様、お疲れ様でした!!

「ひまわり太極拳」「きたきゅう体操」については
福祉用具プラザ北九州のホームページ内にも情報が掲載されています。
是非ご覧ください^^。