Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
平成29年度 作ってみよう!福祉用具 「ビンオープナー」
2017年10月11日 (水) | 編集 |
皆さん、こんにちは~♪ワークショップ担当の原です(^∇^)ノ

今回は、ビンオープナーを作りました!

今回は9名の方々と和気あいあいの中、楽しく作る事ができました~♪

DSC01645.jpg
さて、どんなビンオープナーができるかな~♪ 楽しみですね(。>ω<。)ノ

DSC01646.jpg
みなさんで、作成したビンオープナーで蓋が開けられるか、確認中でーす。簡単に、開けられましたね♪

DSC01648.jpg
最後に、皆さん自分で作成された作品を持って笑顔で記念撮影(。>ω<。)ノ
ご自宅で、使われてくださいね☆

次回の作ってみよう!福祉用具は「ループ付きタオル」となっております。
受付開始が、10月27日(金) 9時~の電話受付となっております。お待ちしております!

スポンサーサイト
防災の日にちなんで・・・
2017年09月28日 (木) | 編集 |

皆様こんにちは。

お彼岸も過ぎて、すっかり秋らしい毎日ですね。

 

今月は9月1日が防災の日、この日を含む1週間が「防災週間」と定められていました。

身近な防災情報を皆様も確認されましたか?

福祉用具プラザでも災害時の対応ということを職員全体で見直しました。

 

また、今月の介護講座「あわてない!緊急時の対応」では、小倉北消防署職員による普通救命講習も開催されました。普通救命講習なら受講したことあるよ!! という方も多いのではないでしょうか。いつ受講されましたか?応急手当に関しては5年毎に指針が見直されています。 一度受講されたことがある方も定期的に情報を確認しましょう!

 

ちなみに、9月末から福祉用具プラザの介護講座の後期スケジュールが始まっています。介護講座を是非チェックされてみてください♪


2017年9月の視覚障害者のつどい報告(健康講座)
2017年09月22日 (金) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(なかむらただやす)です。

9月21日(木)に「視覚障害者のつどい」を行いました。
今回は視覚障害のある方24名、支援者14名、見学者1名、スタッフ3名の合計43名!多くの方にご参加いただきました。

はじめに参加者の自己紹介です。
今月の一言コメントはテーマにちなんで「私の健康法」を皆さんに紹介していただきました。早寝早起き、散歩や体操をする、しっかり食べる、食事の量は腹七分、朝日を浴びる、規則正しい生活をする、くよくよしないで毎日過ごす、好きなことをしてストレス解消、カレンダーを予定でうめる等々、様々な健康法を教えていただきました。

次に情報提供コーナーです。
まず、このつどいから派生した自助グループ「あいフレンズ北九州」の活動報告がありました。9月14日に福祉バスで山口県の角島に行ったそうです。参加者は角島が初めての方が多く、海の幸を食べたり買い物等で楽しまれたとのことでした。今後の予定は10月12日にウェルとばたの和室で情報交換会を行うそうです。

参加者からの情報提供として、10月11日に福岡県視覚障害者友好協会主催で、北九州市の出前講座(障害者制度の説明、意見交換会)が予定されていること、また先日ウェルとばたで実施した「東部のつどい」の報告を参加された方にしていただきました。

訓練士からは、プラザの情報誌「すいっち 2017年秋号」の紹介、10月15日にウェルとばたで点字図書館主催の「大規模災害時における視覚障害者のための災害対策」講演会が実施されること。10月30日に東部障害者福祉会館で行われる「ふれあい広場」(文化祭)の案内がありました。

休憩後に軽く体操をしてから、いよいよ今月のメインテーマである「健康講座」の始まりです。講師は小倉北区保健福祉課地域包括支援センターの保健師さんです。

講座の内容について少し紹介しますと、健康に関する国の施策について、寿命を迎えるまで健康であることが幸せ(平均寿命と健康寿命が同じぐらいになると幸せ)、血管が痛まないように守ることが必要だが血管には神経が通っていないので自覚症状が出づらい等々。脳や腎臓は「血管の塊」なので、血圧測定やBMI、血液検査、尿検査、不整脈の有無等を調べることが大事であり、健康診断を年1回受け重篤な状態になる前に自分自身の体調変化に気付いて対応していくことが大事、とのアドバイスもありました。最後に、保健師さんから直々に手首で脈を測る方法を教わりました。分かりやすい説明で、参加者それぞれが健康に関する意識を高めることができたと思います。

DSC00198s-.jpg 
<写真は講師の保健師さん。分かりやすいご講義をありがとうございました>

楽しいことや役に立つ情報が沢山の「視覚障害者のつどい」です。北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月実施しています。次回のつどいは2017年10月19日で、テーマはヨガです。参加される方は動きやすい服装と飲み物をお忘れなく。

見学も出来ますので、ご興味のある方はプラザの歩行訓練士までお気軽にご連絡ください。



平成29年 東部のつどい報告(日本の文化を楽しもう)
2017年09月20日 (水) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(なかむらただやす)です。

9月15日(金)に、ウェルとばた内にある東部障害者福祉会館の和室で「東部のつどい」を行いました。普段は毎月第3木曜日にプラザのある建物「アシスト21」の3階で「つどい」を行っていますが、会場が遠くてなかなか参加できないという方のために、数年前から東部と西部の障害者福祉会館等の会場をお借りして年に数回実施しています。

今回は視覚障害のある方9名、スタッフ3名の合計12名で行いました。今回が初めての「つどい」参加の方もおられました。今日のテーマは会場が和室であることにちなみ「日本の文化を楽しもう」とし、①俳句を詠もう ②抹茶を点てよう の二本立てです。まず俳句については、川柳と俳句の違い、季語、秋の有名な俳句の紹介と意味の説明をしました。参加者の皆さんにも一句詠んでほしかったのですが、テーマが当日発表だったためか難しく感じられたようで、残念ながら名作は誕生しませんでした。皆さん、次こそはぜひ期待してますよ。

その一方、抹茶体験は大変好評で、気合を入れて北九州の有名なお茶屋さんの抹茶を準備した甲斐がありました(笑)。家で気軽に抹茶を楽しむために、初心者でも簡単に点てられる方法をスタッフが調べてご紹介しました。茶筅で点てるにはちょっとしたコツがあるのですが、参加者の中には茶道経験者がおり、とても上手にされていました。また茶の湯の文化が盛んな島根県出身の参加者からは、この体験のために抹茶碗を提供していただきました。本当にありがとうございました。最後に抹茶体験の感想をお聞きすると、皆さん「美味しかった」と言われていました。また「家でもやってみよう」と言われる方もおられました。皆さんも、家で楽しむ飲み物の中に抹茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。

DSC00183s-.jpg 
<写真①は抹茶体験の様子です。懐紙の上のお茶菓子は九州名物・黒棒ですよ♪>

今回はいつもと違って少人数ということもあってトークに花が咲き、ご自身の障害のことや日常生活の話など、にぎやかに交流を持たれていました。日本の文化や季節を感じて頂けた「つどい」になったと思います。

DSC00185s-.jpg 
<写真②は茶話会の様子です>




作ってみよう!福祉用具 「軟膏塗り具」
2017年09月13日 (水) | 編集 |
ブログをご覧の皆さま、こんにちは☆ 作ってみよう!福祉用具 担当の樽本です(^^)/

昨日、9月12日は今年度6回目のワークショップで、「軟膏塗り具」を作りました。
今回もたくさんんの方々に参加していただき、和気あいあいと楽しいワークショップとなりした♪

DSC02989.jpg
プラスチックの靴ベラをヒートガンで熱して曲げています

DSC02993.jpg
こんな感じになりました!!

今回作成した「軟膏塗り具」は背中など手が届きにくい場所にも自分で軟膏を塗ることができるとても便利な道具なので、普段から軟膏を塗ることに困っている方は大変喜ばれていました!(^^)!

DSC02991.jpg
皆さん、大満足の笑顔です!(^^)!

これからも生活の中で役に立つ便利な道具を皆さまと作っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次回は10月10日(火) 「ビンオープナー」を作ります☆これは片手でビンの蓋を開け閉めできる道具です。
受付は9月22日(金)9:00からになりますので、皆さまの参加をお待ちしております(^^)/