FC2ブログ
Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2018年10月の視覚障害者のつどい報告(懇話会)
2018年10月18日 (木) | 編集 |
プラザブログを皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(ナカムラ タダヤス)です。

10月18日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方15名、
ガイドヘルパー10名、プラザ職員4名の合計29名でした。

まず初めに参加者の自己紹介。お名前とお住まいの区、そして今月の発表テーマとして
寒暖の差が激しい今の時期の体調管理のコツを話して頂きました。
うがい手洗、朝のラジオ体操、服装で暑さ寒さを調節、朝日を浴びて軽い体操をすることで
よく眠れる、ダイエットしたい(!?)、はちみつカボスを風邪のひき始めに飲む、
朝と寝る前のストレッチ、よく寝てよく食べよく飲む…等。
バラエティに富んだお話が聞けました。

次に情報提供コーナーです。
「あいフレンズ北九州」より活動報告と今後のイベント紹介です。

・10月4日 下関へバスハイク(内容:火の山ロープウェイ、唐戸市場)
・11月1日 今後の活動について相談(会場:ウェルとばた)
・12月6日 忘年会(会場:海峡ビューしものせき)

プラザスタッフからは以下の情報をお伝えしました。

・プラザの情報誌「すいっち」秋号発行
・視覚障害ライターによるメールマガジン「色鉛筆」のご紹介
・10月20日 北九州視覚特別支援学校「創立70周年記念ふれあいフェスタ運動会・講演会」
・10月21日 東部障害者福祉会館 文化祭「ふれあい広場」
・11月4日 点字図書館「レンジで簡単料理講座」
・11月10日~ 東部障害者福祉会館「ミュージックケア教室」
・11月15日~17日 第20回西日本国際福祉機器展

上記について詳しく知りたい方はプラザの視覚障害支援グループまでご連絡ください。

また、先日インドネシアで行われたアジアパラ大会(※障害者スポーツの国際大会)の
水泳チームに同行したプラザスタッフから大会の報告がありました。

ストレッチで身体をほぐした後、休憩を挟んでから本日のメインの懇話会です。
今回は、10月15日が「国際白杖の日」だったのでそれにちなみ、3つのグループに分かれて
白杖のイメージやこういう時に役立っている、また白杖を持ちづらい理由等について
話し合い、かなり盛り上がりました!

DSC00888s-.jpg
写真は話し合いの様子です。皆さん、お互いの話を熱心に聴いています。

意見の一部をご紹介します。
・白杖を利用することで足元や段差の確認ができる。
・白杖を持っていると相手に自分が視覚障害者ということを伝えることができ、声を掛けて
 くれたり道を譲ってもらえたり車が徐行してくれたり、配慮してもらえる。
・家の周りではなかなか恥ずかしさ等もあって持てなかったが、視力が落ちて持たないと
 危険を感じるようになった。まだ白杖を持つことに抵抗がある。
・外出にガイドヘルパーを利用していても、自分が視覚障害者と周りの方に知ってもらえる
 ようにシンボルとして細い白杖を持っていたり、足元の確認のために折りたたみの白杖を
 持っている。
・白杖を持っていても健常者にまだまだ気付いてもらえないこともあるので、もっと白杖の
 意味についてマスコミに広報してもらえると嬉しい。

DSC00894s-.jpg
写真はグループ発表の様子です。

もっと白杖について多くの方に知ってもらえるように、私たちスタッフもがんばります!
皆さんの白杖がどこまでも連れて行ってくれる「相棒」や「魔法の杖」になりますように♪

「つどい」は北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月第3木曜日に
実施しています。次回の「つどい」は11月15日(木)です。
内容は、講師をお招きして詩吟の体験をします。詩吟の経験がなくても大丈夫ですよ。

「つどい」は見学も出来ます。
ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援グループまでお気軽にご連絡ください。



スポンサーサイト
2018年10月の視覚障害者のつどい報告(「アレアス」での「視覚障害者の卓球サウンド・テーブル・テニス」(STT)体験)
2018年10月02日 (火) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(ナカムラ タダヤス)です。
10月1日に、昨年度に引き続き北九州市障害者スポーツセンター「アレアス」で視覚障害者のつどいを行いました。今回の「つどい」は、毎月第3木曜日に行なっているアシスト21での「つどい」以外の場所でも行なう「つどい」の1つです。
当事者12名、支援者5名、ご家族1名、アレアス施設職員の方1名、プラザ3名の合計22名の参加者でした。
始めに自己紹介として、お名前、お住まいの区、STT暦を話して頂きました。
今回初参加の方、1年と少し、5・6年、ベテランの方では15年と様々でした。

続いて、施設の説明をアレアスの行実指導員に行って頂きました。
アレアスは、一般の方も障害者も利用できる、プールやトレーニング室、2箇所のスタジオ、多目的室、STT室が2部屋、体育館等を完備したスポーツ施設です。
視覚障害者の団体では、今回のつどいを一緒に行ってくださる団体の「さわやかSTT」と、水泳の団体が2つ利用されているそうです。

次に、引き続き行実指導員に、準備体操として腕や足のストレッチ、足踏み、座ってできる腹筋、深呼吸を行なって頂きました。

その後、STT室に移動して初参加の方にSTT用の台を触っていただいたり、ルールの説明を「さわやかSTTクラブ」の方に行なって頂きました。

STTは、鈴の入った専用のボールを、少しネットが卓球台の下から上がっており、そのネットと台の間を通して行う卓球です。台のエンドラインと側面の手前側には若干の枠があり、その枠から直接ボールが出ればアウト、エンドラインに当たって1回中に跳ね返って落ちれば点になります。
初めて参加された方も、うまくサーブを打ったり、返したりされていました。

最後の30分は試合形式でSTTを楽しみました。
長いラリーが続いたり、どうしてもボールが手に当たったり、早いスピードに付いていけなかったり、音が大事なので声を出してはいけないのですが、どうしても声が出てしまったり・・・。白熱した楽しい時間のつどいとなりました。

楽しいことが沢山の視覚障害者のつどいです。
次回は、10月18日に、定例の毎月第3木曜日の13時から15時に北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3会で行っているつどいです。メインは懇話会です。
ご興味のある方は、プラザの視覚担当までお気軽にご連絡ください。

アレアスのつどい ストレッチ
アレアスのつどい2

2018年9月の視覚障害者のつどい(ひまわりタイチー体験)報告
2018年09月21日 (金) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(ナカムラ タダヤス)です。
2018年9月20日に、9月の視覚障害者のつどいを行いました。
当事者17名、ご家族・支援者10名、プラザスタッフ7名(タイチー講師3名含む)の合計34名で行いました。
始めに自己紹介。お名前、お住まいの区、今月のトピックとして、皆さんの秋について話して頂きました。季節の食べ物、スポーツ、虫の声や季節の花、読書などそれぞれの秋を感じられ楽しみにされているようでした。

次に情報提供コーナー。
まずは、あいフレンズ北九州よりイベント報告と紹介が行われました。
9月13日に「ウェルとばた」で「笑いヨガ」体験を行われたそうです。実際に本日の「つどい」でも、あいフレンズ北九州のリーダーの掛け声で少し体験を行いました。
10月4日には、福祉バスを利用してのバスハイクに行かれるそうです。火の山ロープウェイを利用したり唐戸市場で美味しいものを食べたりするとのこと。
11月8日には、「ウェルとばた」に集まって話し合いを行うそうです。
12月は忘年会を予定されているとのことです。
また、当事者より、10月21日に「ウェルとばた」で行われる「ふれあい広場」の紹介が行われました。毎年「つどい」でコンサートを行っていただいている視覚障害者の方も多く所属されているコーラスグループ「カナリア」の演奏も午後からのステージ発表であるそうです。

プラザスタッフより、10月1日13時から15時にアレアスで行われる「つどい」(STT体験)の紹介を行いました。また、10月7日にコムシティ7階で行われる笑リンピックの紹介が行われました。
さらに、パラスポーツの視覚障害者の水泳に関わっているプラザスタッフより、10月にインドネシアで行われるアジアパラ競技大会の紹介が行われました。視覚障害者の水泳は3クラス(全盲、弱視、その中間)の3クラスに分かれているそうです。

休憩をはさみ、後半はプラザで「ひまわり太極拳(タイチー)」の普及に関わっているスタッフ3名のPTを講師に、タイチー体験を行いました。
タイチーは、太極拳をメインとした北九州オリジナルの介護予防体操です。12の動作がありますが、その内今回は4つの動作を体験しました。
1 予備式(手と首の上げ下げ動作)
10 金鶏独立(鶏が片足立ちしたイメージで、手と足の動作)
11 十字手(手で十字を作り、前に伸ばして足先をイメージして足に体重を掛ける動作)
12 収式(肩を回し腰を捻り手を下ろす動作を左右で行い、最後に前に手を伸ばして下に下ろしていく動作)
息を止めずに行い、手を下ろす時には空気を押すようなイメージで、指先、足先まで使った動作で体が温まり、すっきりした気分で9月の「つどい」を終了することができました。
楽しいことが沢山の視覚障害者のつどいです。
北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3会で毎月13時から15時に行われています次回のつどいは、2018年10月18日です。メインは懇話会です。
また、先にも書きましたが、10月1日にはアレアスでSTT体験の「つどい」を行います。
興味のある方は、プラザの視覚担当スタッフまでお気軽にご連絡ください。
9月のつどい(ひまわりタイチー)


2018年8月の視覚障害者のつどい(プラザ寄席)報告
2018年08月16日 (木) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(なかむら ただやす)です。

8月16日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方17名、
ガイドヘルパー11名、本日の演者1名、プラザ職員4名の合計33名でした。

初めに自己紹介です。お名前、お住まいの区、そして今日の発表テーマとして
「私の暑さ対策」を発表して頂きました。水分補給、エアコンや扇風機を使う、汗をかく、
辛いものを食べる、暑いお茶を飲む等、皆さん猛暑に負けない工夫をされていました。

続いて、この「つどい」から始まった視覚障害のある方のグループ「あいフレンズ北九州」
より活動報告と今後のイベント紹介が行われました。

・7月26日 北九州市立点字図書館のスタッフによるシナノケンシ社製 視覚障害者用
       ポータブルレコーダーPTR2勉強会実施。
       基本操作等の理解ができ「もっと勉強会したい」との声も挙がりました。
・9月13日 笑いヨガ(会場:ウェルとばた 6階音楽室 時間:10時~14時半)
・10月4日 下関へバスハイク(内容:唐戸市場でランチ、火の山ロープウェイ)

プラザスタッフからは以下の情報をお伝えしました。

・8月19日 北九州市立点字図書館 オープンブレイルライブラリー
・9月2日  視覚障害者生活教室「イスで行うヨガ療法」参加者募集
・10月1日 北九州市障害者スポーツセンター「アレアス」のつどい
       (サウンドテーブルテニス体験)参加者募集
・10月11日~ 点字講習会(上級・全5回)参加者募集
・10月22日~ ICT体験会(全3回)参加者募集

上記について詳しく知りたい方はプラザの視覚障害支援グループまでご連絡ください。

休憩を挟んでストレッチで身体をほぐした後は、いよいよ今日のメインのプラザ寄席!
アマチュア落語家の ひんこう亭方正(ひんこうてい ほうせい)さんに時事ネタの洒落、
特殊詐欺を題材にした創作落語、古典落語「千早振る」を披露していただきました。
癌や認知症予防、健康のために笑うことは大事ということで、皆さんしっかり笑って
楽しまれていました。

DSC00785s-.jpg
写真はひんこう亭方正さんです。和装が粋ですねぇ。

ひんこう亭方正さんは福岡県警察の詐欺被害防止活動にも協力されており、
楽しい落語の中にも4つのお願いということで「火事や災害、交通事故、特殊詐欺に
注意しましょう」という内容もありました。

落語を鑑賞した後に参加者に感想を聞いたところ、「初めて落語を間近で聞いた」という方、
「時事を捕らえた洒落など初めから最後まで楽しむことができた」という感想がありました。
笑ってこの暑い夏を吹き飛ばしたいものですね。

「つどい」は北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月第3木曜日に実施
しています。次回の「つどい」は9月20日(木)です。
内容は、プラザのアイドル!体操チームによる介護予防体操です。

「つどい」は見学も出来ます。
ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援グループまでお気軽にご連絡ください。

2018年7月23日の東部障害者福祉会館での視覚障害者のつどい報告(日本の文化を楽しもうパート2!)
2018年07月25日 (水) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(ナカムラ タダヤス)です。

7月23日(月)にウェルとばた内にある東部障害者福祉会館の和室で「東部のつどい」
を行いました。普段は毎月第3木曜日にプラザのある建物「アシスト21」の3階で
「つどい」を行っていますが、会場が遠くてなかなか参加できないという方のために、
数年前から東部と西部の障害者福祉会館等の会場をお借りして年に1回ずつ実施しています。

今回は視覚障害のある方3名、ガイドヘルパー2名、プラザスタッフ3名の合計8名で
行いました。まず参加者の自己紹介です。名前、お住まいの区、出身地、目の見え方、
そして今日の発表テーマは「私の好きな日本文化」について話していただきました。
日本の祭り、着物に着付け、お花、日本食、陶器、「ありがとう」という言葉、
日本現代文学、歌舞伎や落語…などなど、日本文化と一言で言っても奥深いなぁと
感じました。

続いてアイスブレークとして、意外と難しかった「生き物しりとり」、3つのキーワードから
正解を当てる「連想ゲーム」を行いました。「生き物しりとり」では生き物名を
思いつかない方に周りの方がヒントを出して協力する場面も見られ、結局、誰も最後に
「ん」のつく言葉を言わずに終了しました。

その後「日本文化を楽しむ」ということで、今年も川柳に挑戦していただきました。
スタッフはよっぽど川柳が好きなのでしょうか(笑)?
北九州に本社のあるTOTO株式会社がちょうど「第14回(2018年度) トイレ川柳」
を募集中で、優秀作には豪華賞品もあるそうなので、トイレをテーマに参加者の皆さんにも
一句詠んでいただきました。トイレについての川柳を考えつつ、トイレの利用で困ったことや
各国のトイレ事情など、フリートークにも花が咲きました。

また昨年好評だった お家でできる簡単茶道を今年も実施しました。
写真は私がお茶を点てている様子です。
なかなか様になってるでしょ(笑)?
061s-.jpg

お茶やお菓子を楽しみながら、ゆっくり色々なお話ができる会となりました。
今回はいつものつどいと違って少人数だったので、ご自身の障害のことや日常生活の話など、
話がしやすかったようです。次の機会にぜひ皆さんも参加してみませんか?