Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2018年6月の視覚障害者のつどい(お話会)報告
2018年06月21日 (木) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。歩行訓練士の三浦です。

6月21日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方20名、
ご家族やガイドヘルパー14名、見学4名、プラザ職員4名の合計42名でした。

まず始めに自己紹介。お名前、お住まいの区、そして今日の発表テーマは「私のお勧めの本」
です。童話や漫画、週刊誌、ベストセラーや映画化された作品等、さまざまなタイトルを
教えていただきました。

ブログをご覧の皆さんは不思議に思われるかもしれませんが、
視覚障害があっても読書を楽しめます。活字の本は読みにくくなりますが、
録音された朗読CDを再生機を使って聴いたり、拡大された文字を目で見たり、
スマートフォンのアプリKindleと音声読み上げ機能を使って聞いたり、と今や様々です。
いい時代です。

続いて、この「つどい」から始まった視覚障害のある方のグループ「あいフレンズ北九州」
より、団体の紹介、イベントの報告と今後のイベント紹介が行われました。

・6月7日  バスハイク(目的地:グリーンパーク)は介助者含む28名参加
・6月28日 日本年金機構の職員による障害年金講座(会場:ウェルとばた研修室6A)
・7月26日 点字図書館職員によるシナノケンシ社製 視覚障害者用ポータブルレコーダー
        説明会(会場:ウェルとばた)
・8月は活動なし

プラザスタッフからは以下の情報をお伝えしました。

・6月24日 「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2018」
        (会場:西部障害者福祉会館)
・7月5日~ パソコン初級講習会(場所:プラザ) 参加者募集
・7月23日 東部障害者福祉会館のつどい(内容:茶話会) 参加者募集
・6~8月の福祉用具プラザ期間展示のご案内(視覚障害の世界を知ろう)

上記について詳しく知りたい方はプラザの視覚障害支援グループまでご連絡ください。

後半は、あいフレンズ北九州の世話人でもあるTさんが司会を務めるお話会です。
「食」をテーマに、①外食で困ること、②炊事で困ること の二つの話題でフリートーク
しました。それぞれどんな意見が挙がったがご紹介しますね。

①外食で困ること
・どの席が空いているか分からない
・メニューが見えない
・会計の場所が分からない
・よくこぼす
・バイキングでは好きなものが食べられない

それに対して参加者からは次のような解決策が。

・よく行く店と頼むメニューを決めている
・分からないことは店員に依頼する
・両手を駆使し、箸を持たない方の手で軽く触れるなどして確認する
・ワンプレートで済むメニューを頼む(例:丼物など)

②炊事で困ること
・フライパンから器に盛る時にこぼしやすい
・炒め油を入れる時に入れすぎる
・魚を焼くのが大変
・賞味期限が分からなくなる

それに対して、

・深皿を使う
・油しきを使う、決めたスプーンを使って掬う
・一定量しか出ない油さしを使う
・容器から注ぐ時、容器を傾ける秒数を決めておく
・魚はホットプレートにアルミホイルをしいてその上で焼く
・賞味期限の確認にはペン型ボイスレコーダーを活用する

などなど。20名寄れば文殊の知恵。皆さんいろんな工夫をされており、活発な意見交換の
時間となりました。

「つどい」は北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月第3木曜日に実施
しています。次回の「つどい」は7月19日(木)です。内容は、保健師さんによる食中毒に
ついての講話です。
また7月23日(月)にウェルとばたで「東部障害者福祉会館のつどい」もありますので、
お近くにお住まいの方はぜひご参加ください。

「つどい」は見学も出来ます。
ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援グループまでお気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト
2018 プラザ夏の拡大読書器まつり(!?)
2018年06月14日 (木) | 編集 |
みなさん「拡大読書器」という福祉用具はご存知ですか?
販売している株式会社タイムズコーポレーションのホームページによると…

  低視力や弱視など見えづらい方の読み書きを支援する装置です。
  大事な書類や手紙や写真を自身で読むことが容易になります。
  多くのロービジョンの方々が、新聞、本、雑誌、写真を楽しんでおられます。
  カメラで撮影した映像をモニタに大きく表示する読書専用のビデオ機器で、
  カラーだけでなくコントラストを協調した白黒、白黒反転などの表示ができます。
  テーブルを操作することで、原稿を読み進むことが可能です。

と書かれており、目が見えにくい方のための便利な道具の一つです。

福祉用具プラザ北九州には、この拡大読書器がなんと9台も展示されています!
そして、6月~8月の3ヶ月間はもう一台増えて10台もあります!!
拡大読書器をこんなに常設している展示場はなかなかありません。

みなさん、この機会にぜひ操作体験してみませんか?

なお、日常生活用具として給付申請をお考えの視覚障害のある方は
専門のスタッフが対応させていただきますので、必ず事前にお電話でご予約の上
お越しください。

展示している拡大読書器は以下の10台です。

DSC00640s-.jpg
1 携帯型電子ルーペ クローバー3

DSC00641s-.jpg
2 携帯型拡大読書器 ルビー5インチ

DSC00643s-.jpg
3 携帯型拡大読書器 ルビーHD

DSC00644s-.jpg
4 携帯型拡大読書器 クローバー10

DSC00636s-.jpg
5 卓上型拡大読書器 クリアビューC HD22

DSC00637s-.jpg
6 卓上型拡大読書器 トパーズXL HDアドバンス

DSC00638s-.jpg
7 卓上型拡大読書器 アクロバットHD

DSC00639s-.jpg
8 卓上型拡大読書器 オニキスデスクセットHD

DSC00629s-.jpg
9 卓上型拡大読書器 メゾ・フォーカス
※8月末までの期間展示

DSC00634s-.jpg
10 音声読み上げ型拡大読書器 よむべえスマイル


5月の視覚障害者のつどい(シンガーソングライターの相川 理沙さんコンサート)報告
2018年05月18日 (金) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(なかむら ただやす)です。

5月17日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方29名、
ご家族やガイドヘルパー22名、見学9名、プラザ職員5名、そして本日のゲスト
シンガーソングライターの相川 理沙さん&スタッフの合計67名でした。

今日はいつもの自己紹介も短めに、参加者の名前とお住まいの区のみ言って
いただきました。

続いて情報提供コーナー。
この「つどい」から始まった視覚障害のある方のグループ「あいフレンズ北九州」
より、団体の紹介、イベントの報告と今後のイベント紹介が行われました。

・4月26日 バスハイク(目的地:グリーンパーク)の相談と年金勉強会の質問事項検討
・6月7日  バスハイク(目的地:グリーンパーク)
・6月28日 市職員による年金出前講座(会場:ウェルとばた研修室6A)
・7月26日 福祉機器の使い方(PTR2、PTR3、PTP1、リンクポケット等)
        (会場:ウェルとばた)

プラザスタッフからは以下の情報をお伝えしました。

・6月3日  第19回網膜色素変性症患者のつどい
        (会場:福岡市市民福祉プラザ「ふくふくプラザ」)
・6月24日 「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2018」
        (会場:西部障害者福祉会館)
・7月5日~ パソコン初級講習会(場所:プラザ)

上記について詳しく知りたい方はプラザの視覚障害支援グループまでご連絡ください。

後半は、待ちに待った相川 理沙さんによるコンサートです!
相川さんは福岡出身で、福岡で2007年にデビューされたシンガーソングライター。
透明感のある心のこもった歌声に、参加者の中には涙を流す方もいらっしゃいました。

DSC00585s-.jpg
写真は癒しの歌姫 相川理沙さんです。

本日のセットリストです。

1 手紙(オリジナル曲)
2 テネシーワルツ
3 浜辺の歌
4 四季の歌
5 若葉(オリジナル曲)
6 好きだよ、きみの街(オリジナル曲)
7 桜色(オリジナル曲)
8 光(オリジナル曲)
9 オー・シャンゼリゼ
アンコール 朧月夜

3、4曲目とアンコールは参加者全員で楽しく歌いました。
7曲目の「桜色」は散っていく桜をイメージして作られた曲で情景が伝わってきました。
8曲目の「光」は王貞治さんが出演されていた九州電力のCMにも使用されていた曲です。
9曲目の「オー・シャンゼリゼ」では相川さんがギターを演奏しながら客席内を回り、
歌っていただくという嬉しいサプライズも!

ライブ後に参加者から感想をお聞きすると、「夢のような一時」「癒されました」
「素晴らしい歌をありがとうございました」「感激した」「透き通る声」
「一緒に歌えて良かった」
「かわいい声に心まですっきり。すがすがしい気持ちで帰ることができる」
「素敵な声に心が洗われました」「桜が好きなので、桜の曲に感動した」
「『手紙』に感動した。母を思い出した」「爽やかな声」…等、皆さん大絶賛!!
短歌が得意な参加者の方からは
「爽やかな 心に染み入る歌声に 今日も一日 楽しく生きる」と一首。
皆さん心に残る何かがあったようでした。
相川さん、素晴らしい一時をありがとうございました。

DSC00601s-.jpg
写真は演奏後の握手会のようすです。大混雑!みんな相川さんのファンになりました。

DSC00569s-.jpg
相川さんのCD購入先着10名にレーズライターで書かれたサインのプレゼントも。
激レアです!!

「つどい」は北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月第3木曜日に
実施しています。次回の「つどい」は6月21日(木)です。内容は懇話会です。
参加者の皆さんで楽しくおしゃべりしましょう。

「つどい」は見学も出来ますので、ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援
グループまでお気軽にご連絡ください。
2018年4月の視覚障害者のつどい報告(春の園遊会)
2018年04月20日 (金) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(なかむら ただやす)です。

4月19日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方23名、
ご家族とガイドヘルパー15名、プラザ職員4名の合計42名でした。

まず始めに自己紹介。お名前、お住まいの区、そして今日のテーマは、
本日4月19日が飼育の日ということにちなみ、ペットの思い出や好きな動物を発表
していただきました。ウサギ、犬、猫、インコ、メジロ、ハムスター、ヤギ、小猿、金魚
などなど、さまざまでした。
中には、ウサギを飼えなくなったため親戚に預けて、久しぶりに会いに行ったら
食べられていた!というショッキングな経験も・・・。うわーーーー

続いて情報提供コーナー。
まず、あいフレンズ北九州よりイベントの報告と今後のイベント紹介が行われました。

・3月22日 今後の活動について話し合い
・4月26日 午前 6月7日のバスハイク(目的地:グリーンパーク)の相談 
       午後 6月28日予定の市の出前講座(内容:年金制度)の質問項目の
       打ち合わせ
・7月     視覚障害者用ポータブルレコーダー(プレクストーク)の説明会 
       または笑いヨガ

会場はいずれもウェルとばたです。

参加者より、日本郵便のゆうパックについての情報提供もありました。
これまでゆうパックは配達時に受け取れなかった場合、不在連絡票がポストに
入っていました。
でもそれに気がつかず再配達の依頼連絡ができなくても、
再配達をしてくれていたのですが、今後そのサービスはなくなるそうです。
そのため、希望する視覚障害者が事前に居住地域の郵便局に情報登録することで、
一般的な不在連絡票と併せて点字によるお知らせカードがポストに入るそうです。
お知らせカードには点字で問い合わせ電話番号が書かれているとのことですので、
ポストに入る他のチラシ等と区別ができます。ぜひ活用したいですね。

プラザスタッフからは以下の情報提供を行いました。

・5月10日からの点字講習会 参加者募集
・6月25日からのiPadとiPhone体験会 参加者募集
・今年度の「中途視覚障害者緊急生活訓練事業」(つどい申請)について
・新しく購入した用具の紹介(PTR3、PTN3、テレビが聞けるラジオ 等)
・5月18日 介護予防でいきいき講座「見えにくいを知ろう」参加者募集

情報の詳細について知りたい方は、プラザの視覚障害者支援グループまで
お気軽にお問い合わせください。

後半は、いよいよ有志による一芸発表会、名づけて「春の園遊会」!
2018年3月に放送された「R-1ぐらんぷり」でロービジョン(弱視)の漫談家
濱田祐太郎さんが第16代王者になったことにヒントをもらい、開催しました。

エントリーは9名で、以下の演目を披露していただきました。

1 なぞなぞ
2 カラオケ 竜鉄也の「奥飛騨慕情」
3 カラオケ ダ・カーポの「野に咲く花のように」
4 カラオケ 石原裕次郎の「ブランデーグラス」
5 朗読 北九州むかし話
6 カラオケ 北九州市歌
7 カラオケ 市川由紀乃の「心かさねて」
8 カラオケ 山内惠介の「流転の波止場」、「五木の子守唄」
9 カラオケ 中村美律子の「瞼の母」、川中美幸の「二輪草」

DSC00518s-.jpg
写真は、大トリの方が「瞼の母」を熱唱しているところです。
本当にすばらしいパフォーマンスでした。

なぞなぞあり、カラオケあり、朗読ありの素晴らしい時間を過ごすことができました。
発表者の皆様、ありがとうございました。

新しい発見が沢山の視覚障害者のつどいです。北九州市総合保健福祉センター
(アシスト21)3階で毎月実施しています。次回のつどいは5月17日(木)です。
シンガーソングライターの相川 理沙さんに贅沢なミニコンサートを行っていただく予定です。

「つどい」は見学も出来ますので、ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援
グループまでお気軽にご連絡ください。




2018年3月の視覚障害者のつどい報告(平成29年度の振り返り)
2018年03月26日 (月) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(なかむら ただやす)です。

3月15日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方21名、
ご家族とガイドヘルパー15名、プラザ職員4名の合計40名でした。

まず始めに当事者の自己紹介。
お名前とお住まいの区、今月のトピックとして春の暖かさを感じる時期に
なってきたことから、好きな花や花にまつわる思い出を話していただきました。
梅、桜、ひまわり、チューリップ、沈丁花等、色とりどり、様々な花の名が挙がりました。

次に情報提供コーナーです。
この「つどい」から派生した自助グループ「あいフレンズ北九州」がイベント報告と
今後の予定を紹介しました。2月22日は大宰府へバス旅行に行き、
現地の観光ガイドボランティアから大宰府天満宮にある銅像の由来を聞いたり、
名物の梅が枝餅とお抹茶を楽しんだりと とても満喫されたようです。
3月22日は「ウェルとばた」の研修室6Aで次年度の計画を考えたり、
障害者手帳についての学習会を開くとのことです。

現在「中途視覚障害者緊急生活訓練」で歩行訓練受講中の方からは、夜間の
歩行訓練を受け、改めて自分の見え方について気づいた点や訓練を受ける
ことの大切さを話していただきました。

また第56回北九州市障害者スポーツ大会の参加申込が始まり、5月13日に
サウンドテーブルテニス(STT)競技がある、との情報提供もありました。
会場は北九州市障害者スポーツセンター「アレアス」で、4月10日締め切りです。

訓練士からは、新しくプラザで購入した用具の紹介をしました。
以前も紹介した凸面点字器「トツテンくん」、スマートフォンやタブレット端末を
拡大読書器のように使う際に便利な「コロコロ号」・「ヒデボックス」です。
休憩時間に実際に触っていただき、多くの方が興味をもたれていました。

DSC00471s-.jpg
<写真はトツテンくんを紹介している様子です>

そろそろ年度末ということで、先月に続いて、次年度の
「中途視覚障害者緊急生活訓練事業」の利用申請方法についてお知らせしました。
これまでは年度が変わったら区役所の窓口での利用申請が必要でしたが、
窓口まで行くのは大変というみなさんからのご要望にお応えし、今年度から
継続参加の方は「つどい」に参加して頂くことで訓練申し込み受付を行っております。
この「つどい」申請された方にも後日個別に面接は行います。
さらに、これまでに実施してきた訓練内容についての説明もしました。
新しいことに挑戦してみませんか?

休憩後は体操をして身体をほぐしました。肩、腰、脇腹のストレッチ、太股上げ、
足の後ろ上げと横上げ、踵上げと爪先上げを行い、最後に深呼吸を行いました。

その後、今月のメインテーマ「今年度の振り返り」を行いました。
平成29年度は以下の「つどい」を実施しました。

4月 クイズ大会
5月 福祉用具プラザの作業療法士による自助具紹介
6月 参加者が司会を務める懇話会
7月 参加者による朗読と楽器演奏
8月 ADL室でのボウリング大会
9月 保健師による健康講座(血圧について等)
10月 座ってできるヨガ
11月 グループに分かれた懇話会
12月 コーラスグループ「カナリア」によるクリスマスコンサート
1月 福祉用具プラザの体操チームによる「ひまわり太極拳」体験
2月 避難訓練と防災について考える

またお出かけ編として、9月に東部障害者福祉会館で「日本の文化を楽しもう」
(抹茶と俳句)、11月にアレアスでSTT体験会、3月に西部障害者福祉会館で
IH調理体験会を行いました。

それを踏まえて、来年度にやってみたいことを参加者の皆さんにお聞きしたところ、
コーラスグループ カナリア コンサート、スポーツや体操、健康講座、朗読、
皆で歌って楽しみたい等・・・多くのご意見を頂きました。
頂いた意見を参考に、来年度も楽しい「つどい」を企画しますのでお楽しみに♪

来年度の話をここまで書きましたが、気がつけばあと数日で平成30年度・・・
そこで、4月のつどいは新企画を考えました。メインイベントは「春の園遊会」か、
はたまた「R1ぐらんぷり」か!?一芸をお持ちの「つどい」参加者に
披露していただく予定です。現在エントリーしているのは、歌、朗読、短歌の披露、
楽器演奏などなど。春らしく賑やかにまいりましょう♪

新しい発見が沢山の視覚障害者のつどいです。北九州市総合保健福祉センター
(アシスト21)3階で毎月実施しています。次回のつどいは4月19日(木)です。
また、5月17日の「つどい」では、シンガーソングライターの相川 理沙さんに
コンサートを行っていただく予定です。

「つどい」は見学も出来ますので、ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援
グループまでお気軽にご連絡ください。