Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2016年05月19日 (木) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。視覚障害当事者相談員の中村忠能です。
5月19日に視覚障害者のつどいを行いました。
五月晴れの中、当事者、支援者、プラザ職員を合わせて34名の参加者で行いました。
新しく参加された方もおられました。
まず最初に、参加者の自己紹介として、お名前、居住区、好きな歌手や曲、思い出の曲について話して頂き、お互いを知ることができました。

次に、この視覚障害者のつどいから立ち上がった自助グループ、「あいフレンズ北九州」の紹介とイベント報告、今後のイベント紹介が行われました。
歩行訓練士より、6月5日に福岡市市民福祉プラザ「ふくふくプラザ」で開催される「第17回網膜色素変性症患者のつどい」と、6月12日に西部障害者福祉会館(コムシティ5階)で開催される「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2016」の紹介が行われました。

今月のつどいの後半では、まず「きたきゅう体操」と「ロコトレ」を行いました。肩、脇腹、股関節の運動、踵上げ、つま先上げを行いました。また、片足立ちを片方1分ずつ、「しりとり」と「古今東西」をしながら行いました。最後に深呼吸を行いました。

 その後、プラザの作業療法士より介護保険の説明と、視覚以外に関する福祉用具として、履きやすい靴、室内用と浴室用の手すり、ポータブルトイレ、シャワーチェア、滑り止めマット等を実際に触ったり、履き心地や座り心地を確認して頂きました。
楽しいことが沢山の視覚障害者のつどいです。ご興味のある方は、プラザの歩行訓練しまでお気軽にご連絡ください。

2016年の5月のつどい
画像:福祉用具の紹介
スポンサーサイト