Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
1月つどい報告
2017年01月19日 (木) | 編集 |
2017年1月の視覚障害者のつどい(カフェ・オレンジで団欒)のご報告

プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能です。
2017年1月19日に視覚障害者のつどいを行いました。
当事者、支援者、プラザ職員を合わせて40名弱の参加者でした。今回新しく参加された方もいらっしゃいました。

2017年の初めのつどいということで、まず参加者の自己紹介として、お住まいの区と今年の抱負を話して頂きました。健康で怪我もなく1年を過ごしたいという方が沢山いらっしゃいました。また、読書をしたり、運動をしたり、新しいことに挑戦したいという抱負も挙がっていました。
続いて、このつどいから派生した自助グループあいフレンズ北九州のイベント報告と今後のイベント紹介が行われました。
また、プラザより、点字図書館主催の講座の紹介や、2月10日に西部障害者福祉会館で行うつどいの紹介をしました。
その後、新しい参加者の方に改めて自己紹介を行って頂き、当事者の方から視覚障害者のグループ(サウンドテーブルテニス、ヨガ、水泳、ウォーキング、マラソン、スキューバダイビング、コーラス)があることを紹介して頂きました。
その後、きたきゅう体操として、肩、脇腹、腰のストレッチ、足上げ(前、後ろ、横)、深呼吸を行いました。

休憩後、平成28年5月7日に、プラザの入っている建物、総合保健福祉センター(アシスト21)の5階、認知症支援・介護予防センター内に開設された、「カフェ・オレンジ」の紹介を歩行訓練士より行い、実際に行っておもてなしを受けました。
担当されている方より、「カフェ・オレンジ」は、認知症の人とその家族を始め、地域住民の誰もが参加でき集う場という説明がありました。
また、北九州市とボランティア団体が組んで行っているモデル事業で色々な所から見学があるそうです。
カフェということで、「カフェマスター講座」を受講されたボランティアの方等が、飲み物を入れてくださったり、お話を聞いてくださったりするそうです。
つどい参加者メンバーも、飲み物とお菓子を頂きながら、それぞれのテーブルで話がはずみ、くつろいだ午後の一時を過ごすことができました。
北九州も広いですので、こういった所が各地にできるといいですね。

楽しいことが沢山の視覚障害者のつどいです。
次回のつどいは2月10日(金)13時~15時で西部障害者福祉会館調理室で炊飯器を利用した調理を行います。参加ご希望の方は、材料の関係もありますので、2月2日ぐらいまでにご連絡お願いします。何を作るかはお楽しみに!
また、北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月行われています次回のつどいは、2017年2月16日です。毎年、2月は避難訓練を行っていますが、いつもとは違った形の避難訓練を計画中です。
ご興味のある方は、プラザの歩行訓練士までお気軽にご連絡ください。

スポンサーサイト