Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2017年4月の視覚障害者のつどい報告(クイズ大会)
2017年04月20日 (木) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。視覚障害当事者相談員の中村忠能です。

4月20日木曜日に2017年度初の「視覚障害者のつどい」が行われました。当事者23名、支援者14名、プラザ職員5名の合わせて42名の参加者でした。今回は北九州に研修に来られているインド出身の視覚障害者の方にもご参加頂きました。

まず参加者の自己紹介として、お名前、お住まいの区、年度1回目ということで今年度の目標を皆さんに言って頂きました。「健康に気をつけてなるべく多くつどいに参加したい」、「ダイエットしたい」という目標を持たれている方が多かったです。4月よりプラザの一員となった歩行訓練士の紹介も行われました。

続いて、当事者からの情報提供や、つどいから派生した当事者の自助グループ「あいフレンズ北九州」のイベント実施報告と今後のイベント案内が行われました。歩行訓練士からの情報提供として、歩行訓練や視覚障害者の活動量の調査研究への協力依頼が行われました。また青い鳥郵便はがきのご案内や、訓練申し込みについてのお知らせ、5月6日に行われるロービジョンフォーラムの紹介が行われました。

つどいの後半の始めに、プラザの担当職員による、きたきゅう体操で体を動かしました。肩、脇腹、腰のストレッチ、アキレス腱伸ばし、お尻の筋肉のストレッチを行いました。

その後、私やプラザの歩行訓練士についての問題、視覚障害者が使いやすい北九州のゴミ袋に関する問題、視覚障害者が安全に横断歩道を真っ直ぐ渡るための敷設物(エスコートゾーン)に関する問題、点字に関する問題を三択で答えていただくクイズで盛り上がりました。また、本日参加されたインドの視覚障害者の方に関する三択問題も出しました。8問中6問正解された方が3名いらっしゃいました。つどいに参加された当事者の方はプラザ職員に対し親しみを持っていただき、視覚障害者の生活に関する情報提供にもなった時間を過ごすことができたと思います。

楽しいことが沢山の「視覚障害者のつどい」です。北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月原則第3木曜日に実施しています。次回のつどいは2017年5月18日です。ご興味のある方はプラザの歩行訓練士までお気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト