FC2ブログ
Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2018年10月の視覚障害者のつどい報告(「アレアス」での「視覚障害者の卓球サウンド・テーブル・テニス」(STT)体験)
2018年10月02日 (火) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(ナカムラ タダヤス)です。
10月1日に、昨年度に引き続き北九州市障害者スポーツセンター「アレアス」で視覚障害者のつどいを行いました。今回の「つどい」は、毎月第3木曜日に行なっているアシスト21での「つどい」以外の場所でも行なう「つどい」の1つです。
当事者12名、支援者5名、ご家族1名、アレアス施設職員の方1名、プラザ3名の合計22名の参加者でした。
始めに自己紹介として、お名前、お住まいの区、STT暦を話して頂きました。
今回初参加の方、1年と少し、5・6年、ベテランの方では15年と様々でした。

続いて、施設の説明をアレアスの行実指導員に行って頂きました。
アレアスは、一般の方も障害者も利用できる、プールやトレーニング室、2箇所のスタジオ、多目的室、STT室が2部屋、体育館等を完備したスポーツ施設です。
視覚障害者の団体では、今回のつどいを一緒に行ってくださる団体の「さわやかSTT」と、水泳の団体が2つ利用されているそうです。

次に、引き続き行実指導員に、準備体操として腕や足のストレッチ、足踏み、座ってできる腹筋、深呼吸を行なって頂きました。

その後、STT室に移動して初参加の方にSTT用の台を触っていただいたり、ルールの説明を「さわやかSTTクラブ」の方に行なって頂きました。

STTは、鈴の入った専用のボールを、少しネットが卓球台の下から上がっており、そのネットと台の間を通して行う卓球です。台のエンドラインと側面の手前側には若干の枠があり、その枠から直接ボールが出ればアウト、エンドラインに当たって1回中に跳ね返って落ちれば点になります。
初めて参加された方も、うまくサーブを打ったり、返したりされていました。

最後の30分は試合形式でSTTを楽しみました。
長いラリーが続いたり、どうしてもボールが手に当たったり、早いスピードに付いていけなかったり、音が大事なので声を出してはいけないのですが、どうしても声が出てしまったり・・・。白熱した楽しい時間のつどいとなりました。

楽しいことが沢山の視覚障害者のつどいです。
次回は、10月18日に、定例の毎月第3木曜日の13時から15時に北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3会で行っているつどいです。メインは懇話会です。
ご興味のある方は、プラザの視覚担当までお気軽にご連絡ください。

アレアスのつどい ストレッチ
アレアスのつどい2

スポンサーサイト