Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
7月のつどい
2016年07月21日 (木) | 編集 |
2016年7月の視覚障害者のつどい報告

プラザブログをご覧の皆様こんにちは。視覚障害者当事者相談員の中村 忠能です。
セミも本格的に泣き出し、いよいよ夏本番を迎えましたね。
7月21日に、視覚障害者のつどいを行いました。暑い中でしたが、当事者、支援者を合わせて51名の参加者でした。
初めに、自己紹介として、好きな童謡を皆さんに出して頂きました。「ふるさと」や「夏は来ぬ」、「茶摘み」、「海」を初め、色々な童謡を出して頂きました。
続いて、この視覚障害者のつどいから立ち上がった自助グループ、「あいフレンズ北九州」のイベント報告と今後のイベント紹介が行われました。
休憩を挟み、太股、肩、脇腹の体操、つま先上げ、踵上げを行い、片足立ちを尻取り、古今東西好きな歌で行いました。
その後、今月のメインの、バイオリン演奏と朗読会が行われました。バイオリン演奏、朗読とも、このつどいに参加して頂いている当事者の方が行われました。プログラムは下記の通りです。

第1部、バイオリンと朗読のコラボ。
・「ふるさと」、「富士山」のバイオリン演奏。
・八幡の、みずかみ かずよ著の詩「ななつのきた山」の朗読。
・「夏は来ぬ」のバイオリン演奏。
・「朝顔」の朗読。
・「茶摘み」のバイオリン演奏。
・川端 康成著、「夏の靴」の朗読。
・日本昔話のテーマソングのバイオリン演奏。
・北九州の民話、戸畑区夜宮の森に纏わる「おトラばあさま」の朗読。
・「村祭り」のバイオリン演奏。
・落語より「貧乏神の瓦版」の朗読。

第2部、バイオリン演奏。
・・星の世界。
・アメージンググレース。

つどいに参加されている方で米寿を迎えられた方がおられたので、ハッピーバースデーをバイオリンに合わせて皆で歌いお祝いしました。

第3部、バイオリンに合わせて皆で歌おう。
・われは海の子
・みかんの花咲く丘
・川の流れのように

とてもすばらしいバイオリン演奏と朗読、そして合唱で贅沢な一時を皆で過ごすことができました。

楽しいことが沢山の視覚障害者のつどいです。ご興味のある方は、プラザの歩行訓練しまでお気軽にご連絡ください。
次回のつどいは、8月18日(木)13時から総合保健福祉センター(アシスト21)3階にて軽スポーツを行います。

写真:米寿を迎えられこれまでの人生を振り返り話をされる姿


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック