Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
8月のつどい報告
2016年08月18日 (木) | 編集 |
DSC05872a.jpg
2016年8月の視覚障害者のつどい(ボーリング)報告

プラザブログをご覧の皆様こんにちは。視覚障害当事者相談員の中村 忠能です。
お盆も過ぎ、「つくつくぼうし」も鳴き出した北九州。
少しずつ季節が巡るのを感じるこのごろですが皆様いかがお過ごしですか?

8月18日は第3木曜日、視覚障害者のつどいが行われました。
当事者、支援者も含め、35名の参加者で行われました。
新しい参加者の方、お久しぶりの参加者の方もいらっしゃいました。

まず初めに、参加者の自己紹介が行われました。現在リオオリンピック真っ最中ということで、好きなオリンピックの競技をそれぞれ出して頂きました。
水泳、卓球、体操、サッカー、レスリング、ボッチャ、マラソン…、注目のオリンピック、パラリンピックの競技が出ていました。

続いて、当事者からの情報ということで、このつどいから発生したグループ、「あいフレンズ北九州」より、8月に行われたイベント、9月のイベント予定の報告が行われました。
また、パラリンピックの視覚障害者、聴覚障害者の水泳のルールについて少し説明が行われました。

休憩を挟み、「きたきゅう体操」として、肩と脇腹のストレッチ、首回し、深呼吸で少し体を動かし、今月のつどいのメイン、視覚障害者でも楽しめるボーリングを行いました。
このボーリングは、ゾウの鼻のような形をした台の補助具を利用して、ボールを転がし落とし、ガーター防止の付いたレーンを通ってピンに辿り着くという形で行います。
ボールを転がす方は、全員アイマスクをし、立っているピンの後ろ側から聞こえる音に、そのゾウの鼻の先を向けて方向を決め、ボールを押して台から転がし落とします。
支援者の方によるスムーズな支援で、2等ずつ行うことができ楽しむことができました。
真っ直ぐ転がしてストライクを狙う方、逆にガーター防止を利用してストライクを狙う方、やり方はそれぞれ。
2投の合計で、最高15本倒した方がおられました。

楽しいことが沢山の視覚障害者のつどいです。ご興味のある方は、プラザの歩行訓練しまでお気軽にご連絡ください。
次回のつどいは、9月15日(木)13時から総合保健福祉センター(アシスト21)3階にて行います。

写真:ボーリングの投球をしているN氏
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック