Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2016年10月の視覚障害者のつどい(簡単ヨガ)報告
2016年10月20日 (木) | 編集 |

プラザブログをご覧の皆様、こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能です。
1日の温度差が激しいこの頃ですが、皆様は体調を崩されていませんか?

10月20日に視覚障害者のつどいが行われました。
当事者、支援者、講師の先生、見学者合わせて32名弱の参加者で行われました。

まず初めに、参加者全員の自己紹介を行いました。
お住まいの区と「ストレス解消方法」のお話を頂きました。
運動する、歌を歌う、音楽を聞く、おしゃべり、愚痴を誰かに聞いてもらう、飲む、寝るなど皆さんそれぞれストレス解消方法を持たれているようでした。

その後、このつどいから発生した視覚障害当事者の会、あいフレンズ北九州より、行ったイベントの報告と、今後のイベント紹介が行われました。
また、11月3日に行われる作業所あいずの5周年記念式典の紹介が行われました。
色々な企画が考えられているようですよ。
また、18歳と81歳の違いを表した面白い8句の紹介、白杖に着けるライトの紹介も行われました。
また、歩行訓練士より、このつどいに参加されていた2名の方が亡くなられたという悲しいお知らせがあり、参加者全員で黙祷を行いました。
さらに、新しくプラザの入り口から窓口まで設置された屋内用の誘導ブロックの紹介が行われ、実際にその設置前の実物と、普段利用されている誘導ブロック(点ブロックと線ブロック)の貼る前の実物を手で触って比べて頂きました。
これで、より安心してプラザに相談や訓練を受けに来られる方が増えるといいですね。
実際に私もプラザに設置された屋内用の誘導ブロックを利用してみましたが、安心して窓口まで辿り着くことができました。
しばらくの間は誘導ブロックが設置されたことのお知らせをする必要があるかもしれませんが、慣れて頂ければ活用頂けると思います。

そして休憩を挟み、今月のメイン「簡単ヨガ」。
ヨガの先生には、プラザに以前勤めておられた作業療法士の方に来て頂きました。
今回でこのヨガは4回目。まずヨガは4,500年ぐらい前頃に生まれたという歴史のことなどもお話しして頂きました。
今回は、普段外向きの意識を内向きにして自分を感じること、しっかりとした体の軸を作るための呼吸法を知るという2つのテーマが設けられており、テニスボールを用いた動きも新しく取り入れられました。

10月のつどい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック