Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
平成29年 東部のつどい報告(日本の文化を楽しもう)
2017年09月20日 (水) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(なかむらただやす)です。

9月15日(金)に、ウェルとばた内にある東部障害者福祉会館の和室で「東部のつどい」を行いました。普段は毎月第3木曜日にプラザのある建物「アシスト21」の3階で「つどい」を行っていますが、会場が遠くてなかなか参加できないという方のために、数年前から東部と西部の障害者福祉会館等の会場をお借りして年に数回実施しています。

今回は視覚障害のある方9名、スタッフ3名の合計12名で行いました。今回が初めての「つどい」参加の方もおられました。今日のテーマは会場が和室であることにちなみ「日本の文化を楽しもう」とし、①俳句を詠もう ②抹茶を点てよう の二本立てです。まず俳句については、川柳と俳句の違い、季語、秋の有名な俳句の紹介と意味の説明をしました。参加者の皆さんにも一句詠んでほしかったのですが、テーマが当日発表だったためか難しく感じられたようで、残念ながら名作は誕生しませんでした。皆さん、次こそはぜひ期待してますよ。

その一方、抹茶体験は大変好評で、気合を入れて北九州の有名なお茶屋さんの抹茶を準備した甲斐がありました(笑)。家で気軽に抹茶を楽しむために、初心者でも簡単に点てられる方法をスタッフが調べてご紹介しました。茶筅で点てるにはちょっとしたコツがあるのですが、参加者の中には茶道経験者がおり、とても上手にされていました。また茶の湯の文化が盛んな島根県出身の参加者からは、この体験のために抹茶碗を提供していただきました。本当にありがとうございました。最後に抹茶体験の感想をお聞きすると、皆さん「美味しかった」と言われていました。また「家でもやってみよう」と言われる方もおられました。皆さんも、家で楽しむ飲み物の中に抹茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。

DSC00183s-.jpg 
<写真①は抹茶体験の様子です。懐紙の上のお茶菓子は九州名物・黒棒ですよ♪>

今回はいつもと違って少人数ということもあってトークに花が咲き、ご自身の障害のことや日常生活の話など、にぎやかに交流を持たれていました。日本の文化や季節を感じて頂けた「つどい」になったと思います。

DSC00185s-.jpg 
<写真②は茶話会の様子です>



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック