Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2017年9月の視覚障害者のつどい報告(健康講座)
2017年09月22日 (金) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(なかむらただやす)です。

9月21日(木)に「視覚障害者のつどい」を行いました。
今回は視覚障害のある方24名、支援者14名、見学者1名、スタッフ3名の合計43名!多くの方にご参加いただきました。

はじめに参加者の自己紹介です。
今月の一言コメントはテーマにちなんで「私の健康法」を皆さんに紹介していただきました。早寝早起き、散歩や体操をする、しっかり食べる、食事の量は腹七分、朝日を浴びる、規則正しい生活をする、くよくよしないで毎日過ごす、好きなことをしてストレス解消、カレンダーを予定でうめる等々、様々な健康法を教えていただきました。

次に情報提供コーナーです。
まず、このつどいから派生した自助グループ「あいフレンズ北九州」の活動報告がありました。9月14日に福祉バスで山口県の角島に行ったそうです。参加者は角島が初めての方が多く、海の幸を食べたり買い物等で楽しまれたとのことでした。今後の予定は10月12日にウェルとばたの和室で情報交換会を行うそうです。

参加者からの情報提供として、10月11日に福岡県視覚障害者友好協会主催で、北九州市の出前講座(障害者制度の説明、意見交換会)が予定されていること、また先日ウェルとばたで実施した「東部のつどい」の報告を参加された方にしていただきました。

訓練士からは、プラザの情報誌「すいっち 2017年秋号」の紹介、10月15日にウェルとばたで点字図書館主催の「大規模災害時における視覚障害者のための災害対策」講演会が実施されること。10月30日に東部障害者福祉会館で行われる「ふれあい広場」(文化祭)の案内がありました。

休憩後に軽く体操をしてから、いよいよ今月のメインテーマである「健康講座」の始まりです。講師は小倉北区保健福祉課地域包括支援センターの保健師さんです。

講座の内容について少し紹介しますと、健康に関する国の施策について、寿命を迎えるまで健康であることが幸せ(平均寿命と健康寿命が同じぐらいになると幸せ)、血管が痛まないように守ることが必要だが血管には神経が通っていないので自覚症状が出づらい等々。脳や腎臓は「血管の塊」なので、血圧測定やBMI、血液検査、尿検査、不整脈の有無等を調べることが大事であり、健康診断を年1回受け重篤な状態になる前に自分自身の体調変化に気付いて対応していくことが大事、とのアドバイスもありました。最後に、保健師さんから直々に手首で脈を測る方法を教わりました。分かりやすい説明で、参加者それぞれが健康に関する意識を高めることができたと思います。

DSC00198s-.jpg 
<写真は講師の保健師さん。分かりやすいご講義をありがとうございました>

楽しいことや役に立つ情報が沢山の「視覚障害者のつどい」です。北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月実施しています。次回のつどいは2017年10月19日で、テーマはヨガです。参加される方は動きやすい服装と飲み物をお忘れなく。

見学も出来ますので、ご興味のある方はプラザの歩行訓練士までお気軽にご連絡ください。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック