Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
平成29年 アレアスのつどい報告(ストレッチとSTT)
2017年11月08日 (水) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村忠能(なかむらただやす)です。

普段は毎月第3木曜日にプラザのある建物「アシスト21」の3階で「つどい」を
行っていますが、11月6日(月)に新しい試みとして、北九州市障害者スポーツ
センター「アレアス」(小倉北区三郎丸)で視覚障害者のつどいを実施しました。
今回は視覚障害のある方9名、支援者1名、アレアス職員1名、プラザ職員3名
の合計13名で行いました。

まず始めにアレアスについて職員の行實さんに説明してもらいました。
アレアスは一般の方も障害者も利用できるプールやトレーニング室、2箇所の
スタジオ、多目的室、サウンドテーブルテニス(STT)室が2部屋、体育館等を
完備しています。障害者スポーツセンターは、福岡県内ではアレアスと福岡市立
障がい者スポーツセンター「さん・さんプラザ」だけだそうです。
なおSTTとは以前「盲人卓球」として行われていた視覚障害者の競技で、卓球の
球の中に金属粒が入ったボールを用い、そのボールが卓球台の上を転がること
で出る音を頼りに打ち合う競技です。
障害の程度によるハンデをなくすため選手はアイマスクをつけています。
全国障害者スポーツ大会の種目としても採用されています。
アレアスで活動している視覚障害者のスポーツグループは、STTをするグループ
「さわやかSTT」と水泳のグループが2つ(金曜と土曜)あるそうです。
また木曜の午後と土・日の午前中は障害者のみ施設を利用可能です。

説明の後は引き続き行實さんにストレッチと軽い筋肉トレーニングをご指導
いただきました。

DSC00223s-.jpg
<写真は多目的室でのストレッチの様子です>

その後STT室に移動し、改めて参加者の自己紹介を行いました。
今日の参加者は皆さん「さわやかSTT」のメンバーで、STTを始めた時期を聞くと
今年の春頃の方、10年以上されている方、学生時代からやっている方等さまざま
でした。自己紹介が終わると早速2部屋に分かれてSTTを行いました。1つの部屋
では練習なしで総当たり戦をし、もう1部屋では5分交代で練習を行い最後の
約25分間で試合を行いました。

STTは一般的な卓球と違い、ネットがボールの高さの分だけ上がっています。
そして卓球台の上で金属粒の入った専用のボールを転がしてネットの下を通して打ち合う
競技です。卓球台のエンドラインと側面の半分から手前側には2cmくらいの高さの
へりがあり、そのへりを飛び越えて卓球台からボールが落ちればアウト、一度へりに
跳ね返って落ちれば点が入ります。ラリーが続いたり、どうしてもボールが手に
当たったり、熟練者の打つ球の速いスピードについていけなかったり、音を聞いて
球の場所を特定するので試合中は声を出してはいけないのですがどうしても声が
出てしまったり・・・。白熱した楽しい時間の「つどい」となりました。

DSC00240s-.jpg
<写真は試合の様子です。卓球台はいろんな工夫がされています>

「さわやかSTT」では新規メンバーを募集しているそうです。
興味をもたれた方はプラザの歩行訓練士までお気軽にご連絡ください。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック