FC2ブログ
Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
介護ロボットの普及について大切にしてほしい視点について
2018年02月05日 (月) | 編集 |
介護ロボットは、人の作業を代行することが第一ではありません。目的は、介護を受ける人の生活がよりよくなることです。自立動作の維持拡大であったり、活動・参加の拡がりであったり・生活の質の向上であったり。それらを達成するために介護の負担を少なくできる、あるいは介護が不要となることです。介護の質を高めるために、物的な介護手段として、ロボットの活用が期待されるのです。それが新しい介護のカタチです。スイッチONで作業が完結する産業ロボットと違って介護ロボットは人が使いこなすことで対象とする方の価値を高める。そのために活用が期待されるのです。ロボットにできることを活かしてケアの質を上げる、使う人の専門性を引き上げることが目的です。身体的に精神的にも介護負担が軽減されます。笑顔と安心を利用者に提供できるようになります。豊かなケアに代わっていけます。このロボットの何を使おう。この人のこのために使いたい。こう変われる。今までのケアの課題解決でもあり、期待実現でもあります。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック