FC2ブログ
Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2018年6月の視覚障害者のつどい(お話会)報告
2018年06月21日 (木) | 編集 |
プラザブログをご覧の皆様こんにちは。歩行訓練士の三浦です。

6月21日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方20名、
ご家族やガイドヘルパー14名、見学4名、プラザ職員4名の合計42名でした。

まず始めに自己紹介。お名前、お住まいの区、そして今日の発表テーマは「私のお勧めの本」
です。童話や漫画、週刊誌、ベストセラーや映画化された作品等、さまざまなタイトルを
教えていただきました。

ブログをご覧の皆さんは不思議に思われるかもしれませんが、
視覚障害があっても読書を楽しめます。活字の本は読みにくくなりますが、
録音された朗読CDを再生機を使って聴いたり、拡大された文字を目で見たり、
スマートフォンのアプリKindleと音声読み上げ機能を使って聞いたり、と今や様々です。
いい時代です。

続いて、この「つどい」から始まった視覚障害のある方のグループ「あいフレンズ北九州」
より、団体の紹介、イベントの報告と今後のイベント紹介が行われました。

・6月7日  バスハイク(目的地:グリーンパーク)は介助者含む28名参加
・6月28日 日本年金機構の職員による障害年金講座(会場:ウェルとばた研修室6A)
・7月26日 点字図書館職員によるシナノケンシ社製 視覚障害者用ポータブルレコーダー
        説明会(会場:ウェルとばた)
・8月は活動なし

プラザスタッフからは以下の情報をお伝えしました。

・6月24日 「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2018」
        (会場:西部障害者福祉会館)
・7月5日~ パソコン初級講習会(場所:プラザ) 参加者募集
・7月23日 東部障害者福祉会館のつどい(内容:茶話会) 参加者募集
・6~8月の福祉用具プラザ期間展示のご案内(視覚障害の世界を知ろう)

上記について詳しく知りたい方はプラザの視覚障害支援グループまでご連絡ください。

後半は、あいフレンズ北九州の世話人でもあるTさんが司会を務めるお話会です。
「食」をテーマに、①外食で困ること、②炊事で困ること の二つの話題でフリートーク
しました。それぞれどんな意見が挙がったがご紹介しますね。

①外食で困ること
・どの席が空いているか分からない
・メニューが見えない
・会計の場所が分からない
・よくこぼす
・バイキングでは好きなものが食べられない

それに対して参加者からは次のような解決策が。

・よく行く店と頼むメニューを決めている
・分からないことは店員に依頼する
・両手を駆使し、箸を持たない方の手で軽く触れるなどして確認する
・ワンプレートで済むメニューを頼む(例:丼物など)

②炊事で困ること
・フライパンから器に盛る時にこぼしやすい
・炒め油を入れる時に入れすぎる
・魚を焼くのが大変
・賞味期限が分からなくなる

それに対して、

・深皿を使う
・油しきを使う、決めたスプーンを使って掬う
・一定量しか出ない油さしを使う
・容器から注ぐ時、容器を傾ける秒数を決めておく
・魚はホットプレートにアルミホイルをしいてその上で焼く
・賞味期限の確認にはペン型ボイスレコーダーを活用する

などなど。20名寄れば文殊の知恵。皆さんいろんな工夫をされており、活発な意見交換の
時間となりました。

「つどい」は北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月第3木曜日に実施
しています。次回の「つどい」は7月19日(木)です。内容は、保健師さんによる食中毒に
ついての講話です。
また7月23日(月)にウェルとばたで「東部障害者福祉会館のつどい」もありますので、
お近くにお住まいの方はぜひご参加ください。

「つどい」は見学も出来ます。
ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援グループまでお気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック