FC2ブログ
Plaza.com BLOG~福祉用具プラザ北九州のブログ~
福祉用具プラザ北九州の日々の出来事を綴っています
福祉用具プラザ北九州のサイトはこちらです
2018年10月の視覚障害者のつどい報告(懇話会)
2018年10月18日 (木) | 編集 |
プラザブログを皆様こんにちは。
視覚障害当事者相談員の中村 忠能(ナカムラ タダヤス)です。

10月18日に視覚障害者のつどいを行いました。参加者は視覚障害のある方15名、
ガイドヘルパー10名、プラザ職員4名の合計29名でした。

まず初めに参加者の自己紹介。お名前とお住まいの区、そして今月の発表テーマとして
寒暖の差が激しい今の時期の体調管理のコツを話して頂きました。
うがい手洗、朝のラジオ体操、服装で暑さ寒さを調節、朝日を浴びて軽い体操をすることで
よく眠れる、ダイエットしたい(!?)、はちみつカボスを風邪のひき始めに飲む、
朝と寝る前のストレッチ、よく寝てよく食べよく飲む…等。
バラエティに富んだお話が聞けました。

次に情報提供コーナーです。
「あいフレンズ北九州」より活動報告と今後のイベント紹介です。

・10月4日 下関へバスハイク(内容:火の山ロープウェイ、唐戸市場)
・11月1日 今後の活動について相談(会場:ウェルとばた)
・12月6日 忘年会(会場:海峡ビューしものせき)

プラザスタッフからは以下の情報をお伝えしました。

・プラザの情報誌「すいっち」秋号発行
・視覚障害ライターによるメールマガジン「色鉛筆」のご紹介
・10月20日 北九州視覚特別支援学校「創立70周年記念ふれあいフェスタ運動会・講演会」
・10月21日 東部障害者福祉会館 文化祭「ふれあい広場」
・11月4日 点字図書館「レンジで簡単料理講座」
・11月10日~ 東部障害者福祉会館「ミュージックケア教室」
・11月15日~17日 第20回西日本国際福祉機器展

上記について詳しく知りたい方はプラザの視覚障害支援グループまでご連絡ください。

また、先日インドネシアで行われたアジアパラ大会(※障害者スポーツの国際大会)の
水泳チームに同行したプラザスタッフから大会の報告がありました。

ストレッチで身体をほぐした後、休憩を挟んでから本日のメインの懇話会です。
今回は、10月15日が「国際白杖の日」だったのでそれにちなみ、3つのグループに分かれて
白杖のイメージやこういう時に役立っている、また白杖を持ちづらい理由等について
話し合い、かなり盛り上がりました!

DSC00888s-.jpg
写真は話し合いの様子です。皆さん、お互いの話を熱心に聴いています。

意見の一部をご紹介します。
・白杖を利用することで足元や段差の確認ができる。
・白杖を持っていると相手に自分が視覚障害者ということを伝えることができ、声を掛けて
 くれたり道を譲ってもらえたり車が徐行してくれたり、配慮してもらえる。
・家の周りではなかなか恥ずかしさ等もあって持てなかったが、視力が落ちて持たないと
 危険を感じるようになった。まだ白杖を持つことに抵抗がある。
・外出にガイドヘルパーを利用していても、自分が視覚障害者と周りの方に知ってもらえる
 ようにシンボルとして細い白杖を持っていたり、足元の確認のために折りたたみの白杖を
 持っている。
・白杖を持っていても健常者にまだまだ気付いてもらえないこともあるので、もっと白杖の
 意味についてマスコミに広報してもらえると嬉しい。

DSC00894s-.jpg
写真はグループ発表の様子です。

もっと白杖について多くの方に知ってもらえるように、私たちスタッフもがんばります!
皆さんの白杖がどこまでも連れて行ってくれる「相棒」や「魔法の杖」になりますように♪

「つどい」は北九州市総合保健福祉センター(アシスト21)3階で毎月第3木曜日に
実施しています。次回の「つどい」は11月15日(木)です。
内容は、講師をお招きして詩吟の体験をします。詩吟の経験がなくても大丈夫ですよ。

「つどい」は見学も出来ます。
ご興味のある方はプラザの視覚障害者支援グループまでお気軽にご連絡ください。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック